賢い選択!育児用品レンタルの活用術

ベビー用品は勿論自分で吟味して、すべてベストの商品をそろえたいと思うのは当たり前です。

しかし核家族化が進み、都心の狭いマンションなどだと、使用後それをしまう場所や廃棄するとししかし核家族化が進み、都心の狭いマンションなどだと、使用後それをしまう場所や廃棄するとしても粗大ごみ扱いになってしまうケースも出てきています。

目次

成長に合わせてべビー用品レンタル

そこで利用者が増えているのがベビー用品のレンタルです。

ベビー用品の中には成長する赤ちゃんに合わせて対応していくものが多いために、使用期間が短く、中には季節に左右されるものも出てきます。

また短い期間しか使用しないのに高額な商品を購入するのであれば、将来の教育費に回したいという考えの人もいるようです。

昔は親戚内での貸し借り、今はレンタルサービス

昔はベビー用品を親戚内でまわしている事はよくありました。出産で費用が掛かる上に中には1ヶ月などという短い期間しか使わないベビー用品を、持っている者同士で貸しあう一種の助け合いでもあります。

しかしお礼などの形式にとらわれる事も多く、ベビー用品を専門にレンタルしている業者から借りるのが気楽で良いという人たちが出てきています。

人気のレンタルベビー用品

最近のレンタルはたくさんの種類の中から、自分の好きなブランド、形や色などにこだわりを持って選ぶ事ができるようになっています。

レンタルベビー用品として人気があるのが、生まれた直後にしか使わないベビーバスです。これは生後1ヶ月過ぎると大人と一緒に湯船に入る事が可能になるからです。

ベビー用品は使っている時は良いですが試用期間を過ぎてしまうと収納に困るのが、レンタルが人気の理由になっています。

またお宮参りや記念写真の時に使うセレモニードレス、これも一生に一度の事なので手頃な金額で上質のセレモニードレスをレンタルする人が多くいます。

またベビーベッドやチャイルドシートの様に高額な商品の場合、あらかじめ自分が購入するものを決め、それをレンタルすることで実際に使い心地は大丈夫かなどを確かめる人たちがいます。

チャイルドシートは普段子供を車に乗せて行動する人以外は、乗る期間だけ借りるのが経済的だといわれます。レンタルを使うことで上手にお金を使い子供の将来に備えたいですね。

妊娠中にレンタルしたい物

ベビーベッドやベビーバスなどのベビー用品のレンタルはよく聞きますが、妊娠してこれからママになる人の為のレンタルも行われている様です。

10か月と言う妊娠期間、時期によってはマタニティーコートなども必要になります。

しかし2人目も同じ時期に妊娠する保証もなく、1シーズンの為にわざわざ買うのはと思っている人も多いと思います。

マタニティーのレンタルで妊娠中でもしっかりおしゃれを

レンタルはこのような時に便利な物と言えます。

マタニティーレンタルで最も需要が高いのがマタニティーフォーマルドレスです。

妊娠しているからと言って冠婚葬祭は待ってはくれません。仲が良かった友達の結婚式や、お世話になった方の悲しいお知らせに妊娠を理由に欠席をする事は失礼にあたります。

しかしフォーマルな服装は普段着と違い着心地も良い、また上質な物を選ぶとかなりの高額になります。

マタニティレンタルの活用法

マタニティーフォーマルは妊娠中のお腹が大きい時でも、女性の魅力を最大限に表現できるようにデザインされており、無理をして大きめのフォーマルドレスや礼服を着るよりも良いと言われています。

マタニティレンタルはインターネットを通して行われる様で、カタログから自分が好きな物を選び、宅配された物を自宅で試着します。サイズが合わない、裾を上げるなど調整が必要な場合はすぐに連絡し送り返して調整をする事が可能です。

またマタニティレンタルが人気があるのはドレスや礼服だけでなく、バッグや靴、またストッキングにパールのジュエリーが着いたセットとなっており、礼服だけでなく全体でコーディネートされたレンタルだからです。

靴も妊娠した女性を気遣ってローヒールで足に負担が掛からない幅広のものになっています。

礼服もコサージュをつける事で結婚式などの晴れやかな式典からお葬式まで対応する事が出来ます。

このマタニティレンタルでは礼服だけではなく、上の子の卒業式または入学式などの式典に使うドレスやマタニティースーツも取り扱っています。

妊娠していてもこのようにレンタルを使って自分を着飾る事も大切です。

使い方色々ベビーベットレンタル

ベビー用品のレンタルで人気があるのがベビーベットです。

ベビーベットは子どもが成長すると使わなくなるもので、生まれてくる子どもの性質によって一人で大人しく寝てくれる子と、夜鳴きが酷く夜間の授乳回数が多い子どもなど生まれてみないと、実際にベビーベットを使うかどうかが解らないからです。

実際にベビーベットを使うかどうかが解らない

そのために生まれる前からベビーベットを用意しても、集合住宅が多い日本の住宅事情では使用しない場合、粗大ゴミ扱いとなったと家の中の邪魔者として捉えられてしまいます。

ベビーベットのレンタルはそのベットにも寄りますが、安いところで新生児の間の1-2ヶ月で3千円から1万円ほど。1年といった長い間レンタルしても1万2千円から1万5千円ほどで収まるようでなっています。

また中にはお試し期間と1000円で使い心地や使い勝手を確認した上で、レンタルすることも可能なところももあるようです。

ベビーベットをレンタルするメリット

ベビーベットをレンタルするメリットは、レンタル業者がベットを運んでくれた時に、大切な赤ちゃんを安心して寝かせていられるようにベッドを組み立ててくれる事です。

また使い終わった後には引き取ってもらえるので、その分のスペースを子どもの遊び場としても使うことが出来ます。

ベビーベットにも母親が寝る大人のベットに接続してつかう添い寝用のベット、4面がネットとなっておりベットとしてもまた赤ちゃんのケージとしても使えるネット型のベット、最初からベットとサークルの機能を持ち合わせている機能型ベットと色々とあります。

機能的ベットは持ちは込みが容易に出来るのでピクニックに行った際にサークルとして使ったり、ベビーベットがない実家や親戚の家などでも簡易ベットとして使うことが可能です。

そのために長期間ではなくイベントの時のみ、または旅行のときのみと言う短期間でのレンタルの需要が高いと言われています。

金額やその期間、またベットの種類などを考えて上手にレンタルすることで、お母さんも赤ちゃんも安心して生活できます。

チャイルドシートのレンタル

赤ちゃんが生まれてくると何かと物入りです。ベビーベッドにベビーカー、それにチャイルドシート。

特にチャイルドシートは法律で決められており、赤ちゃんが生まれて病院から退院する際に必要になるものです。

賢い選択!チャイルドシートのレンタル

ただし、赤ちゃんの成長は早く、体が大きくなるたびにチャイルドシートを替えるか、または高額の長い期間使えるものを購入するかと悩んでいる人がたくさんいます。

毎日のように車に乗る人は購入したほうが良いかも知れませんが、実家に帰るときだけ、旅行をするときだけ子供を車に乗せると言う人には、賢い選択としてチャイルドシートをレンタルすると言うものがあります。

色々なチャイルドシートが出ており、レンタルの場合借りるチャイルドシートの価格にもよりますが、3000円から5000円前後と言う価格が1か月分です。

チャイルドシートをレンタルする時期

安全のために義務づけられているチャイルドシート、子どもの体の大きさによってもその種類が変わってきます。

実際にチャイルドシートは一般的に6歳くらいまで必要だと言われていますが、中には小学校中学年になっても使用している子どももいます。

子どもを2人、3人と予定している人であれば、1台購入することで長い間でしっかりと減価償却を行えますが、自宅に車を持っていない、または車に乗る期間が限られている人には、このチャイルドシートのレンタルが最もお得かもしれません。

チャイルドシートを借りる際に最も気をつけなければいけないのがその時期です。多くの人たちが移動するお盆やお正月、それに大型連休であるゴールデンウィークはかなりの混雑になると言われています。

しかしこの時期にしか車を利用しないと言う人たちもたくさんおり、そのために予約は早めにしておいたほうが言いと言われています。

家族みんなで楽しい時間をすごすには、赤ちゃんのために車の中を安全に保つことです。

そのためにもチャイルドシートのレンタルは、出来るだけ早く予約を入れることで安心して旅行を楽しむことが出来ます。

お母さんの大きな味方・ベビーカーのレンタル

赤ちゃんを連れての外出は持っていく荷物がたくさんです。おむつに着替え、それに出かけた先で他の人に迷惑をかけないようにおもちゃなど。

たくさんのお母さんがベビーカーを使っていますが、限られた期間しか使わないために、このベビーカーをレンタルする人もたくさんいます。

ベビーカーをレンタルする人が増えている

ベビーカーはその形にもよりますが、実際に使う期間は子どもを寝かせる事が出来るA型で約1年、赤ちゃんがしっかりと座れるようになって使うB型で2-4年と言われています。

最近は新生児から幼児までの長い間使う事が出来るABを兼用したベビーカーもたくさん出ていますが、その価格は高く、また使用期間が過ぎた後に場所をとる、収納に困ると言ったことからも、このベビーカーのレンタルの需要が高まっています。

ベビーカーを数年間と言う長い期間借りていると、実際に購入する価格よりも高くなることが多く、そのために新生児の時期に必要なA型ベビーカーを借り子どもがしっかりとしてくる頃に折りたたみ可能で、価格も手ごろなバギーを購入すると言う人が多いようです。

ベビーカーレンタルのメリット

A型ベビーカーは新生児を対象にしているので安全を重視しており、その分価格も高くまたベビーカー自体の本体も大きくなり、収納の問題が出てきます。

その点レンタルであれば経済的にも安全上も問題がありません。

またどうせレンタルするのであれば、マクレーンなどのブランドベビーカーを、またほんの1-2年ほどつかう2人乗りのベビーカー、ジョギング用に開発されている3輪バギーなどレンタルするケースもあります。

レンタル料金は新生児から数カ月ごとに価格が設定されているようで、月額に直すと長いほうがお得になる計算です。また契約した期間を過ぎても延長料金を払うことで、そのベビーカーを使い続ける事も可能です。

必要な期間ベビーカーをレンタルすることで金額が高く手が出ない、機能性に優れたベビーカーを使ってママも赤ちゃんも楽しくお散歩出来ると良いですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる