単身引っ越しにかかる諸費用と見積もりのポイント

一人暮らしを始めたいと考えた時に気になるのが費用の問題です。

家賃や生活費などのほかに、一人暮らしを始めるためにはどれくらいの金額が必要なのでしょうか?

目次

引っ越しの3大費用

引っ越しの3大費用

引っ越しの際に最初にかかる費用は、賃貸費用・引っ越し費用・生活用品購入費用の3つが主になります。

賃貸費用

賃貸費用とはアパートなどを借りる費用です。

賃貸契約をする際には敷金・礼金・仲介手数料が必要になります。

敷金は万一家賃の滞納や、入居者の責任で室内の修繕が必要になった場合に使われるお金、礼金は大家さんにお礼の気持ちで支払うものですが、最近では礼金を取らない物件も多くあります。

仲介手数料は不動産会社に支払われる賃貸手続きの手数料となります。

それぞれ家賃の1~2カ月程度の金額を支払いますが、物件によって金額は違うので借りる前に確認しましょう。

引っ越し費用

引っ越し費用は引っ越しの荷物を運ぶために使う費用です。

単身引っ越しの場合には荷物も少ないため、引っ越し会社にお願いしても2万円程度で済ませれらます。

ただし荷物があまりにも多い場合には、これ以上の金額にもなることもあります。

また引っ越し会社ではなく友達に手伝ってもらったりすれば費用は少なくなります。

生活用品購入費用

最後の生活用品購入費用ですが、これが意外と大きな出費になります。

家電製品などを既に持っている場合にはさほどかかりませんが、初めての一人暮らしの場合ほとんどの方は新しく買い揃えます。

自炊用品、家電、照明器具、寝具、日用品などすべてそろえた場合の平均額は28万円となっています。

このように、引っ越しをする時点でもかなりの金額がかかります。

費用の予測

仮に家賃7万円で敷金・礼金・仲介手数料が家賃の2カ月分、引っ越し費用が2万円、生活用品費用が28万で計算をすると約72万円ほどの出費となります。

単身での引っ越しはそれなりにお金もかかるので、一人暮らしを始めたいと考えるならそれなりの貯金をしてから実行に移すことをおすすめします。

単身引越し、費用はどのくらい掛かるの?

単身引越し、費用はどのくらい掛かるの?

一人暮らしでも引っ越しをする人は意外と多いです。

場所や仕事・学校の都合、気が向いたなど様々な理由で引っ越しをします。

引っ越しの流れ

引っ越しが決まったら、まずはどのように引っ越しをするか選びます。

一人暮らしの場合、引っ越し業者に依頼すると「この費用なら自力で引っ越しをしたほうがお得かも。」と悩んでしまうこともあります。

確かに、どちらにもメリットデメリットがあります。

単純に目に見える費用だけで決めてしまった場合、失敗したと後悔した人も多くいます。どちらが得か考えてみませんか。

目に見える費用と見えない費用

自力で引っ越しをする場合、引っ越し業者に掛かる費用は節約することが出来ます。

しかし、目に見えないお金が結構掛かることを考えているでしょうか。

荷物が全く無いわけではないので、トラックなどレンタカーを借りたり、自家用車で運ぶ場合は、何度か往復するガソリン代や有料道路の通行料、荷物を降ろした後、近くの駐車場に車を停めれば駐車場代も掛かります。

自分で引っ越しをする場合、自由な時間に引っ越しが出来ます。

引っ越しをしようと考えている日に突然予定が入って、引っ越しが出来ない場合も有り得ます。

そんな時は気軽に予定を変えることが可能で、キャンセル料などの心配も必要ありません。

しかし、家族や友人・知人に依頼をしていれば、予定を勝手に変えることは難しくなってきます。

さらに、手伝ってもらったぶん、お返しも必要で無料でしてもらうのも中々気兼ねしてしまいますね。

色々考えるとどちらがお得?

実際に、目に見えないお金を考えると、自力で引っ越しをするのは案外業者に依頼するのと変わらないかも知れません。

一人暮らしの引っ越しプランは荷物の量でお得なパックも沢山あり、低価格で引っ越しが可能な場合も多いのです。

疲れる思いをして費用が掛かっては意味がないので、まずは、引っ越し業者の見積を調べて、どちらがお得か考えてみましょう。

インターネットである程度の費用を出すことが簡単に出来る時代ですので、ぜひとも活用してみましょう。

単身引越しの見積もりのポイント

単身引越しの見積もりのポイント

一人暮らしの引っ越し、手軽にインターネットで見積もりを算出したいものの、いざ調べてみようと思うと細かく現住所を入力したり、連絡の取れる電話番号を入力するなどの作業が必要です。

引っ越しの見積り、気になるけど面倒

時間的には数分の作業ですが、その後に引っ越し業者から連絡が入るかと思うと中々面倒です。

その場合に便利なのは引っ越し料金の相場を知ることです。

引っ越し料金は、荷物の量と移動距離で決まります。

これが基準運賃で、他に料金と実費、附帯サービスで決まるようになっています。

基準運賃には時間制もしくは距離制があり、時間制だと荷物を運ぶ距離が100キロ以内の場合に使用されます。

荷物を運ぶ距離が100キロを超える場合は1車1回の運送ごとに距離制になって基準運賃が定められているので、高く取ることは出来ません。

基準がわかっていれば、大体の費用がわかる

料金は休日や深夜・早朝、繁忙期などによって割増料金が加算されます。

休日は2割増し、深夜や早朝だと3割増しになるため、安く引っ越しをしたいなら平日の昼間がお得になります。

また実費は荷造りや荷ほどきなどの場合の人件費や資材料、有料道路を利用して引っ越しする場合の料金など、負担が決められている場合費用が掛かります。

さらにクーラーの取り外しや取り付け、ピアノの搬送などオプションサービスを希望する場合に附帯サービス料が掛かります。

これらの料金が掛かることがわかっていれば、一人暮らしの引っ越しでどのくらい費用が掛かるか目安がわかります。

この運賃は国土交通省によって決められているため、引っ越し業者も誤魔化しようがありません。

基準がわかっていれば、ある程度の費用を目安に見積もりを依頼しやすくなります。

依頼することを決めたら

引っ越し業者に引っ越しを依頼することが決まったら、やはり幾つかの業者に依頼する「相見積」をしましょう。自分にあった引っ越し業者を探すことが出来ます。

この際は、電話やメールで連絡が入るようになりますが、他の引っ越し業者にも見積りを依頼していることを話せば、サービスをしてくれる業者もあります。

お得に引っ越しが出来そうです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる